子供服を購入する注意点|賢く利用!ベビー用品や子供服は通販でまとめ買いが便利

子供服を購入する注意点

女の子

子どもに似合った洋服の選び方

意外と子供は好きな服、嫌いな服があって気に入らないとなかなか着てくれず、無理やり着せるのは大変です。子供が気にいって楽しく着ていると不思議と似合うと感じます。どんな服が好きなのかお子さんに聞いてみましょう。小さいお子さんなら好きな色やキャラクターの服だと喜ぶことが多いです。キャラクターの服は抵抗があり、あまり着せたくないと思う方は、キャラクターがワンポイントで小さくはいっているものを選ぶと、派手なキャラクターのものより合わせやすくておすすめです。

ブランド品を購入するメリット

ブランドの子供服は、イメージがはっきりしているので、買う時に選びやすいのがメリットです。お出かけ服を揃えたい時も同じブランドで揃えれば、あまり考えなくても統一感がちゃんとでます。デザインも素敵なものが多いですが、子供のことを考えた機能(2WAYやサイズ調整)があるものも多く、また縫製もしっかりしていますから長く着れます。不要になった時もブランド品で状態がよければ、比較的いい価格で引き取ってもらえ、お友達に譲る時も喜ばれることが多いです。

成長速度を見越して購入しよう

子供はあっという間に成長します。暑くなってきたので夏服を出したら、去年の服が全部小さくて着れなかったなんてこともあります。急に暑くなったり、寒くなったりすることがありますから、着るものがない、なんてことにならないよう、前もって少しだけ1つ大きいサイズの子供服を用意しておくのがおすすめです。SALEを利用して購入するのもいいですね。来年を見越して購入する時は、あまり流行に左右されないシンプルなデザインのものを選ぶといいでしょう。

子供服に関するQ&A

子供服を買う時に注意することはありますか?

子供はすぐ成長するので大きいものを選びたくなりますが、あまり大きいものは体が服の中で動いてしまったり、余分な生地が邪魔になったりします。なるべくジャストサイズのものを買いましょう。また小さなお子さんは服の装飾がもとで事故になることもあります。動きやすい安全な子供服を選んでください。

どのサイズを選べばいいかわかりません。

身長が一つの目安になります。ただ子供服によってサイズ感が多少違うことがあります。同じサイズでも小さめのものや、大きめのものがあります。お店で購入するなら試着をし、通販を利用するときは丈やウエスト、身幅など細かいサイズ表記をチェックしてください。

太っているのですが、普通の身長サイズで大丈夫ですか?

普通のサイズできつい場合は、ワンサイズ大きいものを選びましょう。また同じ身長サイズでもAサイズ(標準)とBサイズ(ゆとりがあるサイズ)がある子供服もあります。Bサイズだと丈も身幅もぴったりのことが多いのでBサイズがある服を探してみてください。

子供服を選ぶのに、素材も注意したほうがいいですか?

素材は子供にとって着心地の良さを左右します。肌に直接触れる肌着やTシャツは綿などの天然素材がおすすめです。アウターやニットなどの子供服は、化繊のほうが家で洗濯ができるものが多く扱いやすいです。洗濯表示もチェックしましょう。

広告募集中